CryptoBellについて

当サイトが運営にあたって大切にしているポリシー・運営者に関する情報をまとめています。

CryptoBell運営にあたって

CryptoBellとはどのようなメディアか

2022年現在、「仮想通貨」として投機対象になっていたブロックチェーンの技術は、いよいよ”Web3″として世の中を変えようとしています。

そんなクリプトが世の中を変えていく様子を、CryptoBellでは「鈴」のような役割を担い、リアルタイムでまだWeb3のカルチャーに慣れていないインターネットユーザーにもお伝えしていくことをミッションとします。

CryptoBellが使用する発信媒体

Twitter

運営者であるKOYAのTwitterアカウントを使用します。

このアカウントでは、Web2、Web3について主にマーケティングの観点から発信していましたが、当サイトと連携してよりクリプトのニュースも扱います。

ニュースレター(メール)

こちらはまだ準備中です。

1週間のクリプトニュースや当サイト更新のお知らせ、IEO、IDO、エアドロップに関するお知らせ、NFTのご紹介などのメール配信を予定しています。

ブログ(当サイト)

ニュースレターで取り扱ったもののうち、より深ぼって情報をまとめたり、考察を行いたいものをブログとして扱います。

メディアとしては以上で、ニュースレターを中心に情報を取り扱っていきます。

CryptoBellが大切にする価値観

読者が記事の中身に集中できることを重視します

CryptoBellは派手でごちゃごちゃしたサイトにはしたくありません。SEOを重視しすぎるあまりに読みづらかったり、広告の多い状態にもしたくありません。Google AdSense(ディスプレイ広告)も設置せず、美しさを重視します。

無駄を徹底的に省き、シンプルで読みやすく、コミュニケーションの起点となるようなサイトを目指します。

CryptoBellの運営者に関する情報

運営者廣山 晃也
屋号thorind(ソリンド)
所在地岐阜県
事業内容法人向けWEBマーケティング支援事業、メディア運営事業

運営者の経歴

東京から地方移住し、まもなく岐阜在住3年目になるWEBマーケターです。

学生時代からメディア運営を行い、培ったSEOスキルをもとに就職。ガイアックスで採用マーケティングとしてのメディア運営や、法人向けのオンライン配信事業の立ち上げとWEBマーケティングを担当。同事業は年商1億円超えまで成長する。

2022年は、それまで2年間行っていた会社員兼個人事業主という形から、フリーランス1本で企業のWEBマーケティング支援を行います。

お問い合わせ

企業の方は、WEBマーケティングに関するご相談やWeb3に関する情報交換などいった意図でご利用いただけます。

» お問い合わせ

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いやコンテンツを転載される時のルール(著作権)に関して、下記に記載しています。

» プライバシーポリシー